汗と湿気で接触性皮膚炎が起きやすい季節

  • ネックレスをつけていて、ネックレスが擦れる部分が赤く痒くなった
  • ブラやキャミソールの肩ひもが擦れて赤く痒くなった
  • バッグの紐が擦れていた部分が赤く痒くなった

そんな経験をしたことがある方は少なくないと思います。

金属アレルギーや繊維アレルギーを持っていない場合、それらの症状は接触性皮膚炎である可能性が高いですよ。

アクセサリーや下着の肩ひも、バッグの紐などが擦れて起きる症状ですが、湿度が高くジメジメして汗ばみやすい梅雨には、接触性皮膚炎になりやすい時期でもあります。

梅雨や真夏の接触性皮膚炎は起こりやすく、治りにくい厄介なお肌トラブルです。

接触性皮膚炎になってしまうと、気候のせいでいつまでも長引いてしまうことが多いので、まずは接触性皮膚炎にならないよう注意することが大事ですよ。

接触性皮膚炎になりやすい人は、梅雨から夏にかけては、お肌への密着度が高いアクセサリー類を控えるのが無難でしょう。

ブラやキャミソールの肩紐で接触性皮膚炎になりやすい女性は、ブラやキャミソールの素材から見直すべきでしょうし、常に汗を拭き取るよう心がけましょう。

また、接触性皮膚炎を起こしやすいバッグの紐も、直接皮膚に当たらないようなスタイルのバッグに替えるのが無難です。

接触性皮膚炎にならないために、皮膚を刺激するようなものはできるだけ避けていきましょう。

このページの先頭へ